+86 13305721922
現在地: » ニュース » ローラーコンベヤーについてどれだけ知っていますか?

ローラーコンベヤーについてどれだけ知っていますか?

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2022-05-16      起源:パワード

ローラーコンベヤーについてどれだけ知っていますか?

ローラーコンベヤーには、多くの種類の一般的および特別な製品があります。仕様は比較的完全であり、構造タイプはさまざまです。継続的な更新と改善の後、仕様が達成され、標準化と一連のローラーコンベヤーが生産で促進されました。グローバル化と一般化の目的は、あらゆる人生の生産ニーズを満たすことができます。次に、ローラーコンベアを詳細に紹介します。

これがコンテンツリストです:

lローラーコンベアを選択するための基礎は何ですか?

lローラーコンベアで毎日メンテナンスを行う方法は?

lローラーコンベヤーの見通しは何ですか?

Aを選択するための基礎は何ですかローラーコンベア?

商品をスムーズに輸送できるようにするには、少なくとも3つのローラーがいつでも輸送されたオブジェクトと接触する必要があります。柔軟なパッケージングアイテムの場合、それらは売上高ボックスまたはパレットで輸送する必要があります。

1.ローラーのローラー長さの選択コンベア:幅が異なる商品の場合、より適切な幅のローラーを選択する必要があります。通常の状況では、\「コンベア +50mm \」が使用され、一方的なギャップは少なくとも20mm以上でなければなりません。

2.ローラーコンベアのローラーの壁の厚さとシャフトの直径:伝達された材料の重量に従って、それは接触ローラーに均等に分布し、各ローラーのベアリング重量を計算して壁の厚さとシャフトを決定するために計算されますローラーの直径;

3.ローラーコンベアのローラー材料の選択:さまざまな運搬環境によると、ローラーの材料と表面処理を決定します(炭素鋼亜鉛めっき、ニッケルメッキ、クロムメッキ、黒塗り、またはコーティングされたステンレス鋼)。

4.ローラーの設置方法の選択方法:スプリングプレスインタイプ、内部歯シャフトタイプ、フラットテンソンシャフトタイプ、シャフトピンホールタイプなど。ターニングマシンのテーパーローラーの場合、ローラー表面の幅とテーパーは商品のサイズと回転半径。

ローラーコンベアで毎日メンテナンスを行う方法は?

ローラーコンベアのサービス寿命を延長するには、ローラーコンベアのメンテナンスをうまく行う必要があります。

1.ローラーコンベアのパウダーとダストを定期的にきれいにします。

2.ローラーコンベアのシェルとエンドカバーがしっかりしているかどうかを定期的に確認します。

3.良好な潤滑、それによりスプロケットとチェーンの摩耗が減少します。

4.過負荷操作を避け、ローラーコンベアのサービス寿命を延長します。

ローラーコンベヤーの見通しは何ですか?

電子技術と機械加工技術の開発により、パワーローラーコンベアでのインテリジェンス、高効率、光電気統合などの高および新しい技術の適用は、ローラーコンベアの生産効率と経済的利益を改善するだけでなく、減少させることもできます。消費とコスト。現在、Power Rollerコンベヤーは、食品包装業界と医療包装、エクスプレスロジスティクスウェアハウス、パレット化ロボットコンベアライン、ホームアプライアンスアセンブリライン、その他の関連産業で柔軟に使用されており、ローラーコンベヤーが使用する技術は依然として使用されています。改善と改善の過程で、目的は、ローラーコンベヤーが市場により適合し、需要を満たすことができるようにすることです。


Huzhou Longwei Import&Export Co.、Ltd.は、さまざまなローラーコンベヤーを開発し、品質を確保するために工場を出る前に多くのテストを実施しました。これらのローラーコンベアには強い持久力があります。 Roller Conveyor Businessにいる場合は、費用対効果の高い製品の使用を検討できます。


No. 133 Wangta Road、High-tech Zone、Huzhou、Zhejiang、China
+86(0)572 2590 232
+86 133 0572 1922
クイック連絡

Longwei Automaticは、コンベヤー、ローラー、その他のコンベヤー部品の製造に20年以上携わっている中規模の企業です。新しい製造施設は約30,000平方メートルの面積をカバーしています
主な製品
2021 Huzhou Longwei Import & Export Co., Ltd.無断複写・転載を禁じます。サイトマップテクノロジーLeadong